革の話 – 「冬の乾燥 革のお手入れ」

革の話 - 「冬の乾燥 革のお手入れ」

革の話

冬真っ只中、乾燥が気になる季節です。

私達のお肌もそうですが、本革も乾燥が大敵!革製品は乾燥するとひび割れて、劣化が進んでしまうのです。革製品が乾燥してしまったら、私達のお肌と同じように栄養や潤いを与えてあげましょう。

冬の乾燥。革のお手入れ。

乾燥した革には、革用保湿クリームで油分を与えるケアを行いましょう。乾拭きかブラッシングで、バッグの汚れやホコリを落とした後、やわらかい布にクリームをとって、バッグに薄く塗り広げてください。

1時間程、陰干しして乾燥させます。仕上げに再度やわらかい布で乾拭きをして余分な油分を落とせば、うるおいを与え、しっとりした光沢が生まれてきます。

乾燥が進み、ひび割れした本革バッグを元に戻すのは非常に困難です。ただ、オイルやクリームで革をやわらかくできれば、ひび割れが目立ちにくくなります。

リップルでリペアする場合は、ひび割れの部分に特殊な下地剤を塗り込み、目立たなくさせ、元の革の色に合わせて調色後、補色し、傷防止のコーティングを施します。新品のように蘇りますよ。