革の話 – 「革製品の端っこにあるコバ」

革の話 - 「革製品の端っこにあるコバ」

コバ材の施された革製品

革製品には「コバ」と呼ばれる箇所があります。一言に言えば端っこのことです。お財布や鞄を作る時に職人さんは革を切り出すわけですが、その切り口はどうしてもバサバサしていますよね。その切り口がそのままでも味と言えますが、そこをどう仕上げるかが製品のクオリティに大きく影響します。

革製品の職人さんたちは、このコバを革のタイプや製品デザインなどを考えた上で、様々な手法で丹精込めて磨き上げていくそうです。ヤスリや専用器具を用いて磨き材と一緒に磨いたり、様々なコバ材を幾度も重ねて仕上げたりと。大変な労力をかけて行います。

革製品のコバ磨き
革製品のコバ磨き

コバは製品の耐久性や表情に大きく影響するため、端っこでありながらとても大事な箇所なのです。リップルでもこのコバの修理を、元々の製品に近づけて仕上げるように心掛けています。

端っこのお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。