ブランドの話 – 「エルメスのオレンジボックス」

ブランドの話 - 「エルメスのオレンジボックス」

エルメスのオレンジ

革製品のトップブランドとして君臨するエルメス。エルメスと言えば、やっぱりあの「オレンジ」を思い浮べてしまいます。包装の箱や袋に使われているあのオレンジです。

あの箱はオレンジボックスなどと呼ばれていて、初めて使われたのは第二次世界大戦中だったそうです。当時は物が不足していて、下手したら革自体が手に入らないなんて事もあったそうです。そんな時代にエルメスでも包装紙が不足していて、在庫にあった奇抜なオレンジをやむを得ず使ったところ、これが大ウケしたのが始まりだとか。

調色

ティファニーのブルーもそうですが、その色を見るとそのブランドを思い出させるって凄いことですよね?私たちリペア業に携わる者にとっても色はとても大切で、本来の色、お客様の望む色などに調色する技術が要求されます。

リップルでも、難しいとされる色でもこんなもんかと妥協せずに、繰り返し繰り返し調色をして合わせるように心掛けています。色のお悩みもお気軽にご相談ください。